[ プライベート(近況報告) ] の最近のブログ記事

今年から個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が大きく増え、20歳以上60歳未満のほとんどの人が加入可能となりました。

 

前回、金融庁さんを中心に日本人の金融リテラシー向上のためのプロジェクトが始動しそうだという話をさせて頂きましたが、「リテラシー」という言葉は「知識+実行力」を意味しています。

 

「長期・分散・積立」を基本とした投資の実行力を身につけてもらうための具体的な仕組みとして、国は来年から始まる予定の積立NISAと対象者を拡大したiDeCoを用意したということでしょう。

 

 

私なりに日本人の金融リテラシー向上に寄与できるようなことを、ということで323日に「女性のための個人型確定拠出年金の入り方」というマンガ本(詳しくはこちら)をKADOKAWAさんから出しました。

 

昨年出した「気づいたら貧困層!?」と同様に、マンガ家の小久ヒロさんとのコンビで作ったのですが、前回は教育・啓蒙関係の内容が中心だったのと比べて、今回は実務本として行動につなげるための内容を重視しました。

 

 

iDeCoの申込書の書き方や口座を開設する金融機関の選び方、具体的な商品の選び方まで書いてあり、これ1冊読めば、ほとんどの人はiDeCoをすぐに始められるはずです。

 

iDeCoに少しでも関心がある方には、是非読んでいただきたいと思っています。

 

マンガの一部は、今後りそな銀行さんや三菱UFJ信託銀行さんのホームページなどでも紹介される予定になっています。

 

 

また、この本の出版を記念してということではないのですが、サンケイリビング新聞社主催の、iDeCoセミナーで講師を務めました。

 

iDeCoという愛称の選定委員だった元プロ・テニスプレーヤーの杉山愛さんと一緒に京王プラザホテルで、女性中心に約200名の参加者に向けた講演をさせて頂きました。

 

iDeCoに関心がある方が来場していたためか、皆さん真剣にメモを取る姿が見られましたが、「今日はいい話を聞いた」で終わらずに、是非、投資の第一歩をiDeCoで踏み出してもらえたら、と思います。

 

iDeCoマンガ本_1.jpg

23日、金融庁は「家計の安定的な資産形成に関する有識者会議」を設置し、私は委員の一人になりました。

 

金融庁さん主催の会議には金融経済教育関連のものを中心に、これまでも何回か委員として関わって来ており、昨年も金融審議会市場ワーキング・グループ(WG)の委員としてフィデューシャリー・デューティーについての議論に参加しました。

 

そんなこともあってか、最近は金融庁さんのいろいろな部門からのお問い合わせやヒアリングが増えて来ていたのですが、今回の会議では、いよいよ生活者向けの金融経済教育が国のプロジェクトとして、本格的に始動しそうな気配を感じました。

 

 

23日の会議には、越智金融担当副大臣や森金融庁長官も出席され、日本の個人金融資産の過半を預貯金が占める現状の背景や「長期・積立・分散投資」を促進していくことで、有価証券投資の部分を増やし、そのポートフォリオをバランスのとれたものにしていくための方法、さらに実践的な投資教育や情報提供についての議論がスタートしました。

 

詳しい内容をお知りになりたい方向けには、金融庁のホームページで、いずれ議事録が公開される予定です。

 

 

独立系FPである私が、国家的なプロジェクトの方向性を議論することになるかもしれない会議に、たった6人しかいない委員の一人として参加していること自体が示しているような気もしますが、会議全体を通じて、金融経済教育だけでなく、投資型商品のアドバイスや販売の荷い手としての独立系FPへの期待の大きさが感じられました。

 

欧米スタイルの独立系FPのビジネスモデルの確立に向けて、追い風が吹き始めようとしているようです。気を引き締め、弊社のグループ・メンバーと共に、投資運用アドバイスを中心として、さらなるスキルアップを図って行きたいと思っています。

新年、明けましておめでとうございます。

  

金融庁や金融広報中央委員会(日本銀行)が主導する金融経済教育に関わり出してから10年近くがたちますが、弊社のお客さまはもちろんのこと、日本人全体にとって少しでも役に立つようなライフワークとして、今後も金融リテラシーの普及に協力して行きたいと思っています。

 

今月22日に、20歳~30歳台の方向けに、金融リテラシー向上のため、特に投資の必要性やNISAの活用方法について、マンガで解説した本がKADOKAWAから発刊される予定です。

 

「気づいたら貧困層!?~お金を武器に!月々3万円から2000万円をつくる方法教えます~」という本で、タイトルは少々刺激的かもしれませんが、なぜ生活者、中でも若年層にとって投資が必要になるのかをロジカルに、かつ分かりやすく解説した内容になっています。

 

今月上旬発行のダ・ヴィンチには新刊案内を兼ねて、オードリーの若林氏と私の対談記事も掲載される予定です。

 

 

神戸先生若林さん.jpg

                                           (C)キムラタカヒロ

 

 

書店で見かけた際には、手に取ってパラパラと内容をご覧いただければ幸いです。

 

 

末筆とはなりましたが、2016年が本ブログの読者の皆さま方にとって、良い年となることをお祈り申し上げます。

 

どうか、本年もよろしくお願い致します。

7月4日、高校卒業40周年の同窓会がありました。

 

開成同窓会_2.jpgのサムネール画像

午後3時に始まって、私が参加していた4次会が終了したのは11時半過ぎでしたので、8時間以上にわたって旧交をあたためられた1日となりました。

 

私の母校は開成学園です。

 

柳沢校長のお話では、今年は卒業生約400名のうち数名が海外の有名大学に、180名強が東大、約100名が他大の医学部に進学するという状況とのことでした。

 

我々の頃は同期卒約350名のうち東大は約100名、まだ灘よりも少なかったですから、後輩たちはたいへん優秀なようです。

 

さて、同窓会の第1部は開成出身者としては3人目の財務(大蔵)省次官になった、香川俊介君の話でした。

 

彼は週刊誌などでも報じられたように病と闘っており、それを押して車椅子で同窓会に参加してくれたのですが、彼の話はあたたかい人柄がよく出たユーモアにあふれるもので、とてもよかったと思います。

 

参加者は皆、静かに聴き入っていました。回復、快癒を心から祈ります。

 

香川君と共に安倍内閣を支えてきた、内閣情報官の北村滋君も同期です。

 

これまでも彼の姿は国会中継のTVでたびたび見かけて来たのですが、たいへん元気そうで、私と同様に4次会まで残ったメンバーの一人でした。

 

このブログに載せようと思って一緒に記念撮影をしたのですが、「アロハを着たゴキゲンなおじさんたち」状態で写っていて、安倍総理を驚かせてしまってもマズイので、たいへん残念ながら今回は掲載を取り止めておきます。

 

あまりにも優秀であったが故に、かつてアイヒマンと呼ばれたこともあったそうですが、北村君が全く違う側面も持っているということがよく分かる写真なので、彼が現職を離れたあとにでも公開できればと思います。

 

それにしても、同じ時期に日本の国のお金(財政)と情報のトップに自分の同期生が就いているというのもすごいことです。

 

他の同期たちの現職は、医師と歯科医を合わせて約80名、弁護士・裁判官数名、学者・大学教授(東大もいます)多数、上場企業ほか社長多数、......そして独立系FP1名。

 

この全員が同じ校舎で学び、知る人ぞ知るあの運動会で敵・味方に分かれて闘っていたわけで、「開成学園はたいした学校であった」ということをつくづく感じた同窓会でもありました。

 

P.S.

 

 香川君が8月9日逝去されました。

 

 心よりお悔やみ申し上げます。

 

 本当に残念です

 

 

122日と23日、OECD(経済協力開発機構)とADBI(アジア開発銀行研究所)、そして金融庁、日本銀行の4者共催で開かれた金融経済教育についてのシンポジウムに招待して頂き、参加して参りました。

 

以前から金融庁や金融広報委員会(日本銀行内)が進めようとしている金融経済教育関連の各種委員会のメンバーであったことからご招待頂いたのですが、このシンポジウムは海外(30ヵ国超)から約70名、国内から約80名が参加するという大規模なものでした。

 

 

2015012211580000.jpgのサムネール画像海外からの出席者の大半は先進国だけでなく、アジアを中心に新興国も含めて、各国金融当局や中央銀行に所属する金融経済教育の責任者であり、国内からの出席者も金融庁や日銀、学者の方々が中心ということで、データに基づいたたいへんアカデミックな議論が活発に行われ、興味深い内容が多く含まれていました。

 

 

もちろん各国が置かれている状況によって金融経済教育の主たる目的や方法は異なっています。

 

日本にはすでに多額の個人金融資産が存在していて、現在はリタイア後の生活のためにもその過半を占める預貯金の一部を、NISAなども活用して投資に振り向けてもらおうとしているわけですが、新興国では貯蓄を増やすどころか、いかに金融サービスを利用してもらえるようにするかというのが最大の課題ということでした。

 

驚いたのは、インドネシアやパキスタン、ベトナムなどの新興国では銀行口座を持っている人が人口の20%程度しかいないという現状でした。

 

わが国でも戦後の資本不足の時代に、金融広報中央委員会の前身である貯蓄増強中央委員会が発足し、国策として銀行や郵便局での貯蓄を促してきた時代が長く続いたわけですが、そんな歴史を思い出すのと同時に、いろいろな金融サービスをあるのが当然のごとく利用できることの有難さを感じたシンポジウムでした。

 

2015012218000000.jpgのサムネール画像 

 

このたいへんアカデミックなシンポジウムの4日前、118日の日曜日には読売新聞社主催の読者向けセミナーで講師を務めました。

 

大手町のよみうりホールに数百名のお客様においで頂いたのですが、その中でロック歌手の「サンプラザ中野くん(ここまでが芸名です)」さんと投資について対談形式のやり取りも行いました。

 

私がサンプラザ中野くんさんにとって早稲田大学の先輩にあたるということもあってか、いろいろ気を使っていただき私自身にとってはたいへん楽しい時間でした。

 

サンプラザ中野くんさんのポートフォリオ分析のところなどでお客様の笑い声も何回か聞こえて来たので、参加された皆さんにも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

サンプラザ中野くんさんの歌声を聞くことができなかったことはたいへん残念だったのですが、資産運用の基本について一通りお話しすることもできたので、話させていただいた側としては、やり切った感のある満足度の高いセミナーだったのですが、ご参加いただいた方々はどうお感じだったかをお聞きしたいところです。

 

セミナー関係者の方々、ありがとうございました。

 

サンプラザ中野くんさん、また、いつかどこかでご一緒できることを楽しみにしています。

 

_W4A7759.jpgのサムネール画像 

_W4A7837.jpgのサムネール画像のサムネール画像