[ セミナーなどのお知らせ ] の最近のブログ記事

ブログの更新が行えず、読んで頂いている方たちに申しわけないと思っているうちに、1年が経ってしまいました。

 

記事が1年間で元旦の1本だけというのではあまりに情けないということもあり、年末になってしまいましたが、近況のご報告を致したいと思います。

 

 

今年はスポーツ関連以外は明るいニュースが少なく、景気回復の実感があまりない中で、円安と株高が進んだ1年でした。

 

弊社がアドバイスを行っているお客さまの運用資産も順調に積み増された結果、金融資産全体に占めるリスク資産の比率が大きくなりすぎて、リバランスが必要な方も増えて来ています。

 

リスクを取った方たちには、昨年からの追い風が続いた年でした。

 

個人的には、マーケットに追い風が吹く中、金融庁と金融広報中央委員会(日銀)が協力して進めている金融経済教育の普及活動やNISAのスタート年ということもあって、特に地方でのセミナーが多い1年だったように感じています。

 

金融庁や金広委、投信協会などが主催するシンポジウムやセミナー、東京証券取引所の「+YOU」セミナーなどで、東北や九州にも度々伺う機会がありました。

 

国の取組み姿勢や参加者の熱心な聴講姿に接すると、金融経済教育関連のセミナーが今後も増えていくことは間違いないと感じています。

 

なお、118日の日曜日に、読売新聞社主催の資産運用セミナーが大手町のよみうりホールで開催されます。

 

ロック歌手のサンプラザ中野くんさんと私のトークセッションもある予定です。

 

私が講師を務めさせて頂くセミナーで、どなたにもご参加頂けるものについては、引続き弊社のHPでもご案内して行くつもりですので、お近くで開催される場合には、是非一度参加してみて頂ければと思います。

 

 

今年はまた、残念なことに同い年や年下の友人・知人が続けて亡くなってしまい、自分の年齢や健康の重要性を再認識させられた年でもありました。

 

開成中学・高校の同級生で、井上陽水の歌が好きで本人も歌がたいへんうまかった医師の平田啓一くん、SBI証券の社長で日本でのIFAビジネスの成立に熱心に取り組んでおられた井土太良さん、三菱UFJ信託銀行の執行役員で日本を代表する信託FPであった灰谷健司さん、そして早大法学部の後輩で日本FP協会の理事を務めていた独立系FPの鈴木克昌さん、たいへんお世話になりました。

 

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

来年はスポーツだけでなく、公的にも私的にも明るい話題の多い年になることを願います。

 

皆さまも良い年をお迎え下さい。

 

39日(金)と10日(土)に有楽町の東京国際フォーラムで行われる東証IRフェスタで講演会の講師を行います。

 

講演のテーマは「個人投資家が知っておくべき資産運用の勘所~投機と投資の違いとは~」です。

 

私がお話しするのは39日(金)の1215130045分間で、弊社のお客様でもある養老孟司氏の次のコマになります。

 

ご興味のある方はお出掛けください。

 

会場には多くの企業のブースが出ているはずなので、長期投資に向く企業との出会いがあるかもしれませんね。

 

席に余裕がある場合には、当日申込みでもOKのようですが、予約はこちらで受け付けているようです。

 

 

久しぶりに、全国の主要都市で、私が講師となるFPの方向けの公開セミナーが開催されることになりました。

 

金融機関さん主催の社員さん対象の研修は毎月のようにあり、北海道から沖縄まで、あちこちに伺っているのですが、誰でも受講できる公開形式のプロ向け研修はここ23年、東北で2回行っただけで、他地域では実施していませんでした。

 

今回はキンザイ(金融財政事情研究会)さん主催の「FPフォーラム」として、1030日~1217日の土日に、東京・大阪の他、札幌・新潟・広島・福岡・鹿児島の各都市で計7回開催される予定です。

 

有料のセミナーとなってはしまいますが、FPフェアなどを含めて、当面公開セミナーを行う予定はありませんので、久しぶりに私の講義を受けたいという方がおられれば、ふるってご参加いただければと思います。

 

CFPとAFPの継続教育研修として3単位が得られます。

 

講義には今年3月に出版した拙著「勝つ投資信託」のエッセンスも盛り込まれており、きっと「聞いてよかった」と感じていただける内容だと思います。

 

また、講義終了後には立食形式の懇親会も用意されているようですので、個別にお話しさせていただけるかと思います。

 

詳しくは弊社ホームページの「セミナー・研修のご案内」及び金融財政事情研究会さんのホームページをご参照下さい。

勝つ投資信託.JPG今週末、全国の主要書店に~「勝つ投資信託」良いファンド悪いファンドの見分け方~という本が並ぶ予定です。

出版社は朝日新聞出版、新書版で定価700円+消費税と、お手頃な価格設定になっています。

 

セミナーや研修でよくお話ししている、シャープレシオというすぐれたモノサシを用いて、良いファンドと良くないファンドを区別する方法を中心に、アセットクラス(投資対象)ごとのすぐれたファンドの実例、ファンドの組み合わせ方、インターネットを活用して良いファンドを見つける手順などについて解説してあります。

シャープレシオについて詳しく解説している類似書はなく、現在投資信託を保有している方、これから投資信託を買おうと考えている方は必読です。

きっと「読んでよかった」と思っていただけることと思います。

 

また、金融機関や証券会社などで投資信託の販売に携わっている方にとっては、プロとしての必須知識といえる内容ですので、ご一読をおすすめします。

私の研修を受けられた経験のある方々には良い復習の機会になると思います。

今、日本証券業協会からの依頼で、広島エフエム放送のラジオ番組に出ています。放送は26日~327日までの毎週日曜日の朝8時から25分間で全8回、「夢をかなえるマネープラン」というタイトルの番組です。

 

FM放送のリスナーは20代、30代中心の投資未経験者、初心者が大半ということなので、FPらしくライフプランの考え方から始めて、投資の基本を押さえるという内容になっています。

 

もちろん、広島エフエム放送の電波が届く地域にしか放送は流れていないのですが、収録は東京のスタジオで行われています。この写真はそのスタジオの様子を写したもので、私のお相手をしてくれているのは、以前、日経CNBCの生島ヒロシさんの番組で共演したことがある橋浦多美さんというステキな女性キャスターです。

 

エフエム広島_1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

今月の26日に、この番組の公開録音を兼ねたセミナーが広島のリーガロイヤルホテルで開催されます。

第一部として、さわかみファンドで有名な澤上篤人氏のセミナーも予定されていますので、お近くにお住まいで予定が合う方は是非おいで下さい。私と橋浦さんが話す第二部のテーマは、「ポートフォリオの作成方法と投資信託の活用方法(「良いファンド」「良くないファンド」の選び方)」です。投信を持っている方、これから買おうと思っている方には、「聞いてよかった」と思って頂ける内容だと思います。

 

セミナー参加のお申込み方法などは、このホームページのセミナー・研修のご案内の中の「日本証券業協会主催 証券知識普及セミナー」を参照して頂ければと思います。