ファイナンシャル・プランナー(FP)を中心とした各分野の専門家集団

FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社


HOME 個人のお客様へ 法人のお客様へ FPの皆様へ 当社のFPネットワーク 会社案内

雑誌・マスメディア紹介

共同通信配信 「経済ウイークリーマネードクター」

2010年2月配信  福田啓太

FXの特徴と注意点

Q. 円高傾向の今、外国為替証拠金取引(FX)はどうでしょうか。

A. 外貨投資の一つとして、FXを始める人がいるようです。FXの特徴は、少額の資金を証拠金として、その数倍の外貨取引ができる点です。倍率(レバレッジ)が10倍なら、証拠金1万円で10万円分の外貨取引ができます。外貨購入後、為替相場が円安に動けば、10万円分の外貨に対して為替差益が得られます。

 金利の高い外貨を購入すれば円との金利差の調整額を受け取れ、その点も人気の理由です。

 逆に、為替相場が円高に動くと、10万円分の外貨に対して為替差損が発生します。決済すると、その差損分は証拠金から差し引かれます。ただ、「ロスカットルール」を設けていることが多く、証拠金額から評価損失額を引いた金額が一定割合になると自動的に取引が決済されます。これは、証拠金額以上の差損の発生を防ぐためです。仮にロスカットの基準額が必要証拠金の8割とすると、10倍の倍率では為替が2%円高に動くだけで、自動決済により損失が確定してしまいます。

 初めてFXを行う際は、ハイリスク・ハイリターンの性質があることを認識し、許容できるリスクの範囲内で倍率を調節することが重要です。FX取扱会社の信頼性や資産管理態勢も確認しましょう。


当社の投資哲学 FPアソシエイツ・グループメンバー

新刊・書籍のご案内

Financial Advisor 2015年7月号
Financial Advisor 2015年7月号
2015年07月発行
(株)近代セールス社
神戸 孝

その他の書籍情報はこちら





FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社

Copyright© 2017 Financial Planners' Associates and Consulting Co.,Ltd. All rights reserved.