ファイナンシャル・プランナー(FP)を中心とした各分野の専門家集団

FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社


HOME 個人のお客様へ 法人のお客様へ FPの皆様へ 当社のFPネットワーク 会社案内

雑誌・マスメディア紹介

共同通信配信 「経済ウイークリーマネードクター」

2016年9月号  神戸孝

MMFの運用 なぜ終了?

Q.MMFの繰上償還が続き、姿を消してしまうようですが、なぜですか。
掲載紙:
9月18日 山陰中央新聞
9月21日 埼玉新聞
9月29日 高知新聞

A.MMF(マネー・マネジメント・ファンド)は短期の公社債やコマーシャル・ペーパーなどに投資を行う投資信託で、1992年に登場して以来、安全性と流動性が高い金融商品として親しまれてきました。
 預貯金金利より高めの利回りが魅力でしたが、今年2月に日銀がマイナス金利政策を導入した結果、現在(9月初旬)、短中期はもとより長期債の利回りまでマイナスになっていることから、短期金融市場で運用を行うMMFは収益の確保が難しくなり、運用を取り止め、資金を投資家に返還せざるをえなくなったわけです。
 MMFだけでなく、債券の運用益を主な収益源とする終身保険や個人年金保険などでも、保険料の引き上げや販売停止が相次いでいます。
日銀はマイナス金利の導入により、資金を安全なところに置いておくだけでなく、法人には設備投資など、個人には投資運用などを通して、より積極的な活用を期待しているわけですが、今のところ解約したMMFの資金は、より安全な預貯金やMRF(マネー・リザーブ・ファンド)に向かっており、期待していた効果はまだ表われていないようです。
 (FPアソシエイツ アンド コンサルティング 神戸 孝)


当社の投資哲学 FPアソシエイツ・グループメンバー

新刊・書籍のご案内

NISAで儲けろ
NISAで儲けろ
2014年01月発行
朝日新聞出版
神戸孝

その他の書籍情報はこちら





FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社

Copyright© 2017 Financial Planners' Associates and Consulting Co.,Ltd. All rights reserved.