ファイナンシャル・プランナー(FP)を中心とした各分野の専門家集団

FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社


HOME 個人のお客様へ 法人のお客様へ FPの皆様へ 当社のFPネットワーク 会社案内

雑誌・マスメディア紹介

共同通信 『経済ウィークリー』

2018年8月号  小林英清

相続財産の評価の変更は?

Q.賃貸アパートなどを相続した場合の相続財産の評価方法が変わったと聞きましたが。
掲載紙
8月17日 茨城新聞
8月13日 高知新聞
8月23日 岐阜新聞 他

A.相続税では、賃貸アパートなどの土地を相続した場合、200屬糧楼脇發脳規模宅地の評価減といって、宅地の評価額から50%相当額を減額することができます。
例えば、貸付用の土地が200屬5000万円の評価の時、相続人が引き続き貸付事業を引き継げば、小規模宅地の評価減を使って2500万円の評価になります。
この特例について平成30年4月1日の相続から、相続開始前3年以内に貸付事業を始めた宅地は、この小規模宅地の評価減の対象から除外されるようになりました。
今後は、被相続人が亡くなる直前の相続税対策として、賃貸アパートを建築したり、賃貸マンションを購入するといった駆け込み対策の効果が薄れることになります。
ただし、相続開始前3年以内に貸付事業を始めた宅地であっても事業的規模(‖澳屐▲▲僉璽氾については、室数がおおむね10室以上、独立家屋の貸付については、おおむね5棟以上)で貸付事業を行っている場合には、この特例の適用を受けることができます。
また、平成30年3月3日以前に既に貸付けられている宅地については事業的規模の判定に関わらず、貸付事業用宅地として特例の対象となります。
(税理士 小林英清)


当社の投資哲学 FPアソシエイツ・グループメンバー

新刊・書籍のご案内

マンガで簡単! 女性のための 個人型確定拠出年金の入り方
マンガで簡単! 女性のための 個人型確定拠出年金の入り方
2017年03月発行
KADOKAWA
監修 神戸孝 マンガ 小久ヒロ

その他の書籍情報はこちら





FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社

Copyright© 2018 Financial Planners' Associates and Consulting Co.,Ltd. All rights reserved.